eighBlog

絵や写真を中心にeighbeeの活動を記録していくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長野一人旅

 先週に世間一般で言われているGWを取れなかった分の休みを取って
長野に自転車を持って輪行してきた。

 金土の一泊二日でやってみてわかったけどかなりきついスケジュールだった
というのも、折り畳みで山道を走るきつさがぜんぜんわかってなかったから
いけそうな観光地はすべてそのスケジュールに組み込んでいって
実際走ってみると「あぁやっちまったな」みたいな・・・
 まったく予定通りに進むことはなく宿に着いたのが夜中の8時とかだったり
帰りは電車代をちょっとでも浮かせるために自転車でそれなりに東京に向かおうと思ったけど現実はあやうくもう一泊しそうになるようなことになったりと
とても大変なたびになった。
まぁいい経験だったです。



DSC_00062007-05-10_22-50-54.jpg
高尾まで電車でとりあえず行って、まず山道はどんなものかと高尾山を自転車で走ってみた。
初の輪行ということで自転車をたたんだり出したりする時周りの視線がちょっと恥ずかしかったり
この旅でおばちゃんに話しかけられる頻度が高かったりいろいろありました。
 山道は思ってたよりもきつくなくて相模湖まで1時間はかかると思ったけど50分するかしないかで着いた。
でもきつくないと入っても坂は7%くらいのが永遠に続いて10分おきくらいに休憩しながら走って
ほどよく水を・・・って水を買ってないことに山を走ってはじめて気づく・・・
疲れはなかったけど水が取れないのが結構しんどかったです。
 ぼーっと走ってたら急に空が広くなって下り坂が見えた。
DSC_00212007-05-10_23-28-50.jpg DSC_00262007-05-10_23-29-25.jpg

頂上だっ!なんかちょっとした達成感があった。
そこら辺をパシャパシャ写真を撮ってふと前を見ると

下り坂。

この旅で独り言はちょっと増えたんですけど^^;
その独り言の中で多いのが「ずっと俺のターン」or「まだお前のターンかっ」
何かの影響かでその言葉が脳裏にそして次は言葉に発せられることが多くなって
このときにも心の中で「ここから俺のターンだっ」と思って
坂道を下ってった。
 先輩が山道を走るときは下り道のことを考えながら走る
見たいな事を言ってて、そのときはまったく意味がわからなかったけど
下りを走ってみてわかった。
めちゃめちゃきもちいぃぃぃです。
あと、なんかご褒美をもらってるような感覚がありました。

3~40㎞/hで走り抜けてふもとのコンビニでスポーツドリンクを購入して
相模湖へ。
相模湖ではこのときはどうせ帰りでも相模湖よるからとかわけのわからないことを言ってあんまし写真を撮らずにメシを適当に食べて後にしてしまいました。

まぁ相模湖駅から小淵沢行って小梅線に乗り換えて野辺山へ。

DSC_00902007-05-11_04-50-31.jpg DSC_01002007-05-11_05-02-00.jpg DSC_01042007-05-11_05-02-28.jpg

DSC_01102007-05-11_05-04-54.jpg DSC_01202007-05-11_05-10-12.jpg DSC_01702007-05-11_05-35-01.jpg

ここからはひたすら自然を堪能しながら自転車を走らせていく。
結構涼しくてそれに天気も良くて絶好の自転車日和でめちゃくちゃ楽しかったです。
この時点で4時くらいでそれでも空はまだ青っぽかったから
まだ大丈夫かなと思って予定になかった松原湖にいってみた。
(このときその後に起こる不幸が起こるなどと知れずに・・・)

DSC_02342007-05-11_06-19-17.jpg DSC_02362007-05-11_06-19-58.jpg
DSC_02472007-05-11_06-25-39.jpg DSC_02482007-05-11_06-25-47.jpg

自転車で上り坂は天敵のようなもの(まぁ少なくとも私にとって)
10%を超えると自転車で走るのは不可能になる(私の場合)
この松原湖に行くには坂道を登らなくちゃいけないっぽくて
でも地図でみると1kmくらいでまぁいいかなと思って走ってみると
脳裏で「いつまでお前のターンなんだよっ」とか言うようになってた。
 すげー坂道
ま、しんどい思いをして松原湖へ。
平日ということもあって誰もいなくてそれでいて天気も良くて雰囲気が良かったです。
写真でもわかると思うけど着いたときは空はまだ青かったんだけど
わずか30分くらいであっという間に夕方に。
せっかくきた松原湖をたった30分くらいで後にする。

この時点で6時過ぎ予約した宿まで15km位。
まぁたいしたことないと思われるかもしれないけどここが長野ということを忘れないでいただきたい。
宿までずっと山道・・・しかもこのあたりは星を見るために街頭がほとんどない
7時には真っ暗になってというか   闇。
「やべーよやべーよ」とか一人出川の真似をしたり
「まずいなぁー」とか独り言言ったり
半径1kmに人がいないことをいいことに独り言を言いまくってた。
そうじゃないと闇にマジで飲み込まれてしまいます。
それくらい暗かったんですよ本と。
車の通りもまったくなかったしずっと坂道だったし

ただいま8時。
やっとのこと宿に着いたけど飯を食べてないのに気づく
宿には素泊まりで予約してたから飯はなくさらに2km先の滝見の湯というところで飯が食べれるということで行ってみることに。
で、超坂道が続く中やっとのことでつくともう飯は終了とのこと。
あぁ、ついてねぇとか思って全然入る予定にはなかったけど温泉に。
もう閉店1時間前だったから人もぜんぜんいなくて広い温泉に一人だけで
まぁ堪能できたけど40分ほどであがることに。


DSC_02642007-05-11_09-14-58.jpg
で、空腹の中宿に戻った。
なんか子供のときからのイメージで田舎の宿は汚い。
つか、管理がなってない。
とか思ってたけど予想以上にきれいでびっくりした。
 まぁ着いてテレビを見ながら茶をまったりすする。
それ以外することがない。

ボーっとしてるといつの間にか夜中の1時に
なんとなく空を見てみると満天の星空がっ。
宿に来るまでは街灯がないことに憤りを感じるくらいだったが
この星空を見て街灯がないことに感謝した。

そういえばこのカメラで星空を撮影できるとかあったから
急遽星空を撮影してみた。
いやーホントぶれる。つか三脚とレリーズがないと無理だなと思った。

DSC_02722007-05-11_13-37-35.jpg
これが何枚か撮ったうちで一番ちゃんと取れたやつ。




そんなこんなをしながら布団にもぐったとさ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

  1. 2007/05/21(月) 00:36:20|
  2. 写真
  3. | コメント:0
<<おもちうにょ~ん | ホーム | 試し撮りの旅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

eighbee

Author:eighbee
eighbeeによるイラストや写真、何かしらの活動を淡々と書き記していくblogです

http://eighbee.com/
HPよろしくおねがいします。

twitter / eighbee

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

E-B

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。